*

LUMIX DMC-GX7でマニュアルフォーカスがオモシロい♪

公開日: デジイチ ,

IMG 6317
元々はLUMIX DMC-GF1ユーザーで巷では神レンズと言われている「20mm f1.7」のレンズをずっと使ってきてかなり気に入っていたのですが、3ヶ月くらい前にLUMIX DMC-GX1をヤフオクの中古で1万円以下でボディを購入して、次にレンズを選んでいると欲しいと思うレンズがマニュアルフォーカスのレンズばかりで、思い切ってVoigtlanderの35mm f1.4を購入してみました。

IMG 5719
GX1にVoigtlanderの35mmを装着した時の見た目も撮れる写真にも満足していたのですが、ファインダーで毎回ピントを合わせる事がマニュアルなだけに若干面倒に感じる事があってこのお気に入りのレンズを上手く使いこなせないでいました。

そんな時に知ったのが、新型のLUMIX DMC-GX7ならオールドレンズでのマニュアルフォーカスでの撮影に向いているって事を知りました。

GX1からGX7になってマニュアルフォーカスでの撮影がしやすくなった点。

・ピーキング機能
・ボディ内手ぶれ補正機能

この2つの機能が追加されただけで、かなり快適にマニュアルフォーカスが使えるように進化してると聞いて、気が付いたらヤフオクでGX7を落札しちゃってました・・。

実際かなりマニュアルでの撮影が快適になったので紹介したいと思います。

GX7でマニュアルフォーカスを快適にする設定


レンズ無しレリーズを「ON」

IMG 6321
僕が使っているVoigtlanderの35mm f1.4やサードパーティのオールドレンズを使う場合、電気接点が無いのでレンズを認識しなくてもシャッターを切れるようにするのがこの設定。

オールドレンズを取り付けると「焦点距離が●●mmに設定されています。変更しますか?」と聞かれるので、僕のレンズなら35mmと設定、その他の焦点距離であれば液晶画面で変更。

IMG 6301

ピーキング機能を「ON」


GX7になってから使えるようになった機能。この機能のおかげでマニュアルレンズでもピント合わせがかなり楽になります。
この機能があるからGX7が欲しくなったと言えます。

▼画像で水色になっている部分がピントが合っている場所。
IMG 6304
このように今までのGX1ではピントを目で何度が確認しながら合わせていたのですが、GX7では被写体のどの部分にピントが合っているのかが視覚的に色でわかる様になった為かなり便利です。

GX1では画像をPCに取り込んだ後に、なんかピント合ってないな・・と思う事が多かったのですがGX7では無くなりました。
これ凄い楽!

ボディ内手ぶれ補正を搭載

IMG 6331
これもGX7から取り入れられた機能。カメラのボディ側で手ぶれ補正が効くので、これも無いよりあった方が断然良いです。
オリンパスのカメラの方がボディ内手ぶれ補正はよく効くと聞きますが、GX7でも充分効いています。

この3点だけでも充分快適になったのですが、その他に個人的に便利だと思って使っている設定も書いてみます。

その他の設定


撮影モードは「A」モードが楽

ここからの設定は個人的に良いと思っている設定で、必ずしもこれが良いというわけでは無いと思うので参考までに。

撮影モードは「A」モードの「絞り優先AE」で使っています。
初めは「MF」マニュアルフォーカスモードで撮っていたのですが、「A」モードの「絞り優先AE」にしておくとシャッタースピードをカメラが自動で設定してくれるので、この方が楽です(「iA」も同じ)。

ただでさえ不慣れなマニュアルでの撮影になるので、この設定の方がシャッターチャンスを逃しにくいと思って使ってます。

「後ボタン」でダイレクトに露出補正


「後ボタン」に露出補正を設定しておくと回せばすぐに露出補正が出来るのでこれも設定しておくと楽です。

カスタム設定の7ページ目にある「ダイヤル設定」を選んで。
IMG 6305
「露出補正のダイヤル割当」を選んで。
IMG 6333
「後ボタン」を設定。
IMG 6308
この設定で「後ボタン」を回せばすぐに露出補正が出来る様になります。


変更した設定はこれで全てです。

マニュアルでの撮影の流れ


・絞りとピントはレンズでマニュアルで合わせる。

・この時ピーキング機能が効くので、ピントが合わせやすい。

・「後ボタン」を回して露出補正。

・「後ボタン」を押すと被写体が拡大表示されるので、より細かくピントを合わせることも可能。

IMG 6309
これで随分マニュアルでの撮影が楽に出来る様になりました。

GX1の時はファインダーを覗いて何度もピントを合わせていたのですが、GX7になってからは「ピーキング機能」のおかげでファインダーを覗かなくても液晶画面だけでピントが合わせられるのですごく快適。

しかもGX7はチルト式液晶モニターなので上下に角度が変えられるで撮影のアングルの自由度も増えました。

IMG 6311
GX7になってから本格的にオールドレンズ・マニュアルフォーカスレンズで遊べるようになっていると実感しました。

 

おわりに


ここまでGX7でのマニュアルフォーカスの話をしてきたわけですが、最近購入したiPhone6Plusのカメラの性能がかなり良くて、正直ブログの記事を書く時に1番撮りやすくて、MacでもiCloudですぐ同期してくれるので写真を扱い易いのでこのブログの写真はほとんどiPhone6Plusで撮ってます。

iPhoneで簡単に綺麗な写真が撮れてしまうからこそ、デジイチではあえてマニュアルで撮るって事が楽しいです。

ちなみにこの新しく買ったGX7は、ヤフオクの新品のボディのみで4万円ちょっとで購入。
新品なのにバッテリーが付いてこないって状態とかで安く買えました。

GF1,GX1と使ってきて、GX7はかなり進化していて、撮れる写真は断然綺麗だし暗所での高感度撮影に関しては別格と言って良いほどに進化してます。

マニュアルで撮りやすいって事以外にも、「クリエイティブコントロール」のフィルターでもかなり遊べるのでまた別記事でエントリしたいと思います。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

IMG_7890
COOK & DINE HAYAMAで燻製が簡単に作れるスモーカーを購入して自家製ベーコン作ってみた

葉山でわりと近所なのに、初めてCOOK & DINE HAYA

IMG_6981.JPG
iPhone 6 Plus用 olloclip 4-IN-1 フォトレンズを使用開始

iPhone 6 Plus用 olloclipを使い始めてみま

IMG_7251
iPhone 6 PlusでApple wireless keyboardを使い始めたらタイピングが快適に!

今まで4種類くらいの小型のキーボードをiPhone/iPadで使ってき

IMG_4737.JPG
トイプードルのビッケの里親になって7ヶ月が経ちました

2014年のゴールデンウィークにビッケの里親になったので、一緒

P1160266.JPG
湘南〜三浦半島エリア 愛犬の散歩にオススメしたい公園7選

愛犬(トイプードルのビッケ)の里親になって半年が経ちました。毎

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑