*

Macで編集した動画をInstagramにアップロードする方法

公開日: iPhone/iPad , , ,

2014 07 14 14 58 04
最近Instagramに編集された動画が良くアップされていて、各ブランドがプロモーションムービーとして使っているのを良く目にしますが、実際に試してみたところわりと簡単にMacで編集した動画をInstagramにアップロードする事が出来たのでご紹介します。



やり方をネットで調べるといつかの方法があるみたいですが、個人的にはアプリのDropboxを使う方法が一番簡単でした。

iPhoneアプリはこちら↓

DropboxDropbox 3.2(無料)
価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る
アプリをダウンロード

アプリの準備が整ったら早速やり方です。

1:MacとiPhoneでDropboxを同期しておく


Dropboxの使い方は割愛しますが、MacとiPhoneで同期出来るようにしておいてください。

2:動画はMP4形式で保存する


Macでの動画編集はiMovieやFinal Cut Pro等で編集して、最後の書き出しをMP4形式で保存します。
これはiPhoneで見られる動画形式がMP4だからです。
ちなみにInstagramは基本的に正方形で表示されるので、編集段階で正方形にしておくと良いと思います。

僕の場合は横長の動画で試しても問題無かったのですが、テロップ等が入っている動画だと見切れてしまうかもしれません。

完成動画をMacのDropboxで保存


完成した動画をMacのDropboxの解りやすい場所に保存。

iPhoneのDropboxでピックアップ


次にiPhoneアプリのDropboxを開いて、先ほどの完成動画を見つけてファイルを開きます。
ファイルを開いたら右下のアイコンをクリック。

DropShadow IMG 4751
次に「動画を保存」をクリックするとiPhoneのカメラロールに保存されます。

DropShadow IMG 4752

ここまで来たら後は簡単です。
Instagramを立ち上げて、画像や動画を選択するモードで完成動画をクリックします。

DropShadow ~ IMG 4758
すると画像の時と同じ様にフィルターや

DropShadow ~ IMG 4759
動画の長さを調節出来ます。

DropShadow ~ IMG 4760
最後にシェアボタンを押せば投稿完了。

GoProカメラで撮った動画などもこのやり方でInstagramにアップロード出来るので、是非やってみてください。

おわりに


実際にMacで編集した動画をInstagramにアップしてみたので載せておきます。

使用したカメラはGoPro Hero 3+で、Timelapsモードで撮影して、MacのGoProアプリで編集した後上記のやり方でInstagramで立ち上げて、さらにInstagram内のエフェクトをかけてアップロードしてみました。



関連記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

IMG_7890
COOK & DINE HAYAMAで燻製が簡単に作れるスモーカーを購入して自家製ベーコン作ってみた

葉山でわりと近所なのに、初めてCOOK & DINE HAYA

IMG_6981.JPG
iPhone 6 Plus用 olloclip 4-IN-1 フォトレンズを使用開始

iPhone 6 Plus用 olloclipを使い始めてみま

IMG_7251
iPhone 6 PlusでApple wireless keyboardを使い始めたらタイピングが快適に!

今まで4種類くらいの小型のキーボードをiPhone/iPadで使ってき

IMG_4737.JPG
トイプードルのビッケの里親になって7ヶ月が経ちました

2014年のゴールデンウィークにビッケの里親になったので、一緒

P1160266.JPG
湘南〜三浦半島エリア 愛犬の散歩にオススメしたい公園7選

愛犬(トイプードルのビッケ)の里親になって半年が経ちました。毎

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑