*

MacbookAir 13インチからMacBook Pro Retina 15インチに買い換えました。

公開日: Mac , , ,

P1100128
明けましておめでとうございます!今年も宜しくお願いします。

今日から仕事始めだったのですが、実は年末の仕事納めの12月30日にMacBook Pro Retina 15インチを衝動買いしまして・・かなり快適な仕事始めとなりました。

以前このブログで紹介したMacbook Air 13インチなのですが、たった4ヶ月で買い換えることとなってしまいました。



買い換えの理由


正直4ヶ月前に購入したMacbook Air 13インチはかなり気に入っていて不満は無かったのですが、いくつか買い換えの理由を書いてみます。

  • Macbook Air 11インチを所持していた時のように持ち歩くことが無くなった
  • モニターにもう少し広い作業領域が欲しい
  • 単純にRetinaディスプレイを使ってみたかった
  • 最近GoProカメラを購入したため映像編集をする機会が増えた

というのが主な理由なのですが、もう一つ気になっていたのがMacbook Air Mid2013は勝手にスリープしたりする不具合があって、そんなに気にする程頻繁に起こる訳では無かったのですが、これも買い換えの理由の1つです。

実際にMacBook Pro Retina 15インチを一週間使ってみて

ここ何年かはずっとMacbook Airを使っていたので、MacBook Proを買うのは5年ぶりくらいです。
Airから久しぶりにProに買い変えての感想。

  • とにかくサックサクに動きます!すげー快適♪
  • Wifiがさらに爆速になった
  • Retina ディスプレイが綺麗すぎてもう戻れない
  • 作業領域が広くなって作業が捗る
  • 3Dゲームとかに興味が出てきた

って感じです。

スペックが良くなっているので、サクサク動くのは当たり前なのですが、Macbook Air Mid13から対応しているWifiの11acに関してもより速くなっていました。

あとなんといっても、モニターの作業領域が広い!!
Macbook Air 13インチの時は、ガッツリ仕事する時はデュアルディスプレイにしていましたが、MacBook Pro Retina 15インチになってからは、デュアルディスプレイにしなくても十分な作業領域があるので作業が捗ります。

そしてやはりRetinaディスプレイが素晴らしい!!

仕事したりブログ書いたりと長時間Macのモニターを見ているので、パキッとした綺麗な文字は最高です!!
実際長時間の作業でも目が疲れない。

MacbookAir 13インチとMacBook Pro Retina 15インチの作業領域の違い


それでは実際にどれくらい作業領域が違うのか比較してみたいと思います。

Macbook Air 13インチ (1,440×900)

Macbook Air 13インチで一番広い設定。

Mba 1440 900

MacBook Pro Retina 15インチ (Retinaに最適の1,440×900)

※2014/05/22修正:読者の方のご指摘により(Retinaに最適の1,280×800)の解像度を→1,440×900に修正しました。
MacBook Pro Retina 15インチのRetinaに最適となる設定。
作業領域自体は広くないが、文字が一番綺麗に見える。

Retina

MacBook Pro Retina 15インチ (1,680×1050)

MacBook Pro Retina 15インチの二番目に広い設定。
個人的に一番使う設定。

1680 1050

MacBook Pro Retina 15インチ (1,920×1200)

MacBook Pro Retina 15インチの一番広い設定。

1920 1200
かなり広々と使えます。色んなアプリを立ち上げているときに使える。

この様に、設定次第でかなり広い作業領域が得られます。

モニターの設定を変更した時の動きもかなり軽快です。

“QuickRes Free”というアプリを使えば、2,880×1800まで表示可能


2014/05/23追記:現在この”QuickRes Free”は利用(ダウンロード)出来なくなったようなので、代替えアプリとして”Display Menu”を新たにレビューしています。こちらの方が便利なので気になる方はこちらをチェックしてみてください。


環境設定で変更出来る解像度は1,920×1200までなのですが、”QuickRes Free”というアプリを使うことによって2,880×1800まで表示出来るようになります。
これ凄く便利。無料でMac App Storeからダウンロードできます。

QuickRes FreeQuickRes Free 3.0(無料)
価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る
アプリをダウンロード

メニューバーからサクッと解像度を変えられるので便利。


Quickres

MacBook Pro Retina 15インチ (2,880×1800)


“QuickRes Free”を使って2,880×1800で表示。

2880 1800
さすがにここまでいくと、文字もかなり小さく表示されますが2,880×1800まで表示出来るっていうのは凄い!
作業内容によっては結構使える気がします。

まとめ


今回MacBook Pro Retina 15インチに買い換えてみてざっくりと感想を書いてみましたが、やはりAirよりProの方が色んな意味で勝ってました。
Macbook Airの方が持ち運びには断然使い勝手が良いのでこのまま使いたいのですが・・もうすぐ売る事になりそうです。

やはり、Retinaディスプレイ最高すぎる。。

これ一度使ってしまうと戻れないですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. えむえむ より:

    Macを購入してからというもの、いつも見させてもらっています。
    一つ質問なのですが、
    3.2 MacBook Pro Retina 15インチ (Retinaに最適の1,280×800)
    の解像度間違っていませんか?
    たぶん最適の解像度は(1,440×900)だと思うのですが、
    自分も自身がないので、確認していただけたら嬉しいです。
    では失礼します。

    • Bomb045 Bomb045 より:

      いつも見て頂き、ご指摘もありがとうございます。
      確かに間違っておりましたので修正しました。
      最適の解像度は(1,440×900)でした、ありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

IMG_7890
COOK & DINE HAYAMAで燻製が簡単に作れるスモーカーを購入して自家製ベーコン作ってみた

葉山でわりと近所なのに、初めてCOOK & DINE HAYA

IMG_6981.JPG
iPhone 6 Plus用 olloclip 4-IN-1 フォトレンズを使用開始

iPhone 6 Plus用 olloclipを使い始めてみま

IMG_7251
iPhone 6 PlusでApple wireless keyboardを使い始めたらタイピングが快適に!

今まで4種類くらいの小型のキーボードをiPhone/iPadで使ってき

IMG_4737.JPG
トイプードルのビッケの里親になって7ヶ月が経ちました

2014年のゴールデンウィークにビッケの里親になったので、一緒

P1160266.JPG
湘南〜三浦半島エリア 愛犬の散歩にオススメしたい公園7選

愛犬(トイプードルのビッケ)の里親になって半年が経ちました。毎

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑