*

[台湾旅行記 Wifi編] 台湾でレンタルWifiルーターをウマく使うコツ

台湾旅行中常に持ち歩いていたレンタルWifiルーター、検索したり色々便利だった事と注意点。

EYECATCH_MIFI 日本で常に持ち歩いてるiPhone、台湾でも同じように、検索したり地図みたりその日の面白かった事なんかをすぐに友達と共有出来ればと、今回初めてモバイルWifiルーターをレンタルしてみたのですが・・通信規制などあるのでウマく使うコツなど書いてみました。



予約は出来れば3日前くらいに


レンタルWifiルーターに関しては、前日に予約すれば当日成田で受け取れるくらいに考えていたら甘かった・・

海外レンタルWifiルーターをやってる会社は何社かあるけど、どこの会社も最低でも2日前くらいには予約しておいた方がいいらしいです。

実際に、前日の昼頃探したら何処もレンタル出来なくて、「イモトのWifi」だけが、なんとかなりますと言って対応してくれたから良かったが、滞在中も仕事の連絡はメールで入ってくるし、仕事の事を考えるとWifiが無いとまずい状況だったからかなり焦った。。

予約は出来れば3日前くらいに、余裕をもって予約した方が良いと痛感しました。

通信制限に注意!


当日、窓口に行くとすんなりレンタル出来ましたが、気になることを3点言われました。

・3日間のパケット通信量が400MBを超えると使用出来なくなって、帰国まで使用出来なくなる。

・iPhoneを使っているならiCloudはOFFにしてください。

・Youtube等動画はなるべく控えるように。

の3点

すぐ聞き返したことは

「現在自分が何メガバイト使用してるか解るアプリとかありますか?」

と聞いたが答えは「NO」だった。

海外でレンタルWifiルーターを使っていて、今現在何メガバイト使用してるか解るアプリとかあったら超〜便利なのにと滞在中何度も思った。

と言うのも、、「通信量が400MBを超えると使用出来なくなって、帰国まで使用出来なくなる」って結構気になって使いづらい・・

そう思ったけど、やる事といったらなるべく無駄に通信しないように工夫することだった。

iPhoneで通話やデータ通信をしない場合は「機内モード」に


現地で電話やデータ通信をしない場合は「機内モード」にしておけば、海外で使用した時に発生する特別な料金がかかることはありません。

Wifiだけを「ON」にして、レンタルWifiルーターと現地の無料公衆無線LANだけを使っていました。

無駄に通信しない為のノウハウ


iCloudをOFFに


滞在にはiPhone、iPad mini,Macbook Airを持って行ったが、全てiCloudはOFFにした。
どうしてもフォトストリーム等で同期したい時は、滞在ホテルの無料のWifiが繋がっているときに同期。

Evernote,Dropbox,アプリの自動アップデート等もOFF!!


Evernote,Dropboxなんかのクラウド系のアプリは全て同期OFFにして、iOs7なんか使ってるとアプリも自動でアップデートにしていると、自動でアップデートしちゃうんでOFF。

ホテルは部屋でWifiを使える所をチョイス


これ結構重要なのですが、ホテル探しの時にWifi完備って書いてあっても、よーく読むと共有ロビーだけとかあるのでホテル探しの時も部屋でWifiが通じるかレビュー等じっくり読んで確認した方が良いです。

実際10日間の滞在で1日だけWifiの繋がらないホテルありました。。

先ほど書いたEvernote,Dropbox,アプリのアップデートなんかもホテルの部屋にWifiがあれば、そちらを使ってレンタルWifiルーターは電源をOFFにしておけば、通信量を気にせず同期出来る。


無料公衆無線LANを使う


DSC01196
台湾には様々な無料公衆無線LANがありますが、まずは「TPE-FREE」というサービスに加入する事をオススメします。

台北辺りでは、何処の駅の構内にもありますので、もしレンタルWifiルーターが無くてもこのサービスに加入していれば何処の駅に行ってもWifiが無料で使えます。

空港から台北に着いたらまずやったことは、上記の画像にある「インフォメーションセンター」に行きました。

ここで無料のWifiが使いたいと伝えて、パスポートを渡すと2、3分くらいで申請が完了します。

IDがパスポート番号で、パスワードが生年月日になっていました。

申請が完了すると何処の駅に行っても下記の様なステッカーが貼ってある場所があるので、その近くに行って使うとWifiも比較的速い速度で通信出来ました。

P1080882
駅構内のこのステッカーがある場所には少人数ながら人だかりが出来ていたりするのですぐ解ると思います。

他にも台北101等の大きいショッピングモール内や長距離バス等で無料のWifiが使えたこともしばしばだったので、こういう無料のWifiがある場所では、通信制限のあるレンタルWifiルーターの電源はOFFにして使うと容量を気にしなくて良いので便利です。

バッテリーは持っていた方が良い


P1090124
今回レンタルした「イモトのWifi」はバッテリー駆動時間が3時間くらいと聞きました。

実際にはなるべく検索などしない時はバッテリーOFFにしていたのでどのくらい持つかは解りませんが、、予備のバッテリーを持参する事をオススメします。

丸一日出かけて、iPhoneで検索かけていたらまずバッテリーが持たないと思います。

旅行で使用していたのは、Ankerの超小型・スティックタイプ モバイルバッテリーで、iPhone5が1回充電出来るタイプですが、これをレンタルWifiルーターに使用しても丸一日余裕で持ちました。


まとめ 結果的には規制もかからず充分自由に使えた


今回初めて海外(台湾)でレンタルWifiルーターを使用してみましたが、上記に書いてきたようにiCloudをOFFにしたり、Youtubeの動画を見まくったりしないで、無料の公衆無線LANをウマく使えば、旅行中の10日間ちゃんと活躍してくれました。

やはり何も知らない土地に来て、観光地やウマいモノなどiPhoneで検索かける機会が非常に多いのでウマく使えば規制がかからずに使えると思います!

ちなみにiPhone5を持参したのですが、機内モードになっていて普段の日本の生活よりも格段に通信が少ないせいかiPhoneの充電も日本で生活しているよりも全然バッテリーが持ちます。

実際一日に何度もiPhoneで検索かけて、InstagramやFacebookをチェックしたり画像をアップしたりしていましたが、無駄に通信しない為のノウハウを実行すれば意外とイケると思います。


それでは、次回からいよいよ台湾に降り立ってからの旅行記を書いていきます!

つづく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. kyon2 より:

    はじめまして。

    モバイルWi-Fiルータを10日間借りると
    最低でも5,000円かかっちゃいますよねぇ。

    現地キャリアの日額制パケット使い放題契約
    ですと10日間(240時間)500元、1元:3.6円で
    1,800円。
    う~~ん、微妙な価格差。

    1回限りの海外旅行ですと、やはりレンタルの
    方がリーズナブルですね。

    • Bomb045 Bomb045 より:

      はじめまして。

      現地キャリアだと結構安いんですね。
      前回の台湾は初めてだったので色々とバタバタで日本でレンタルしてしまいましたが・・
      僕もSIMフリーの端末を持っていれば現地でトライしたいと思います!

      情報ありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

IMG_7890
COOK & DINE HAYAMAで燻製が簡単に作れるスモーカーを購入して自家製ベーコン作ってみた

葉山でわりと近所なのに、初めてCOOK & DINE HAYA

IMG_6981.JPG
iPhone 6 Plus用 olloclip 4-IN-1 フォトレンズを使用開始

iPhone 6 Plus用 olloclipを使い始めてみま

IMG_7251
iPhone 6 PlusでApple wireless keyboardを使い始めたらタイピングが快適に!

今まで4種類くらいの小型のキーボードをiPhone/iPadで使ってき

IMG_4737.JPG
トイプードルのビッケの里親になって7ヶ月が経ちました

2014年のゴールデンウィークにビッケの里親になったので、一緒

P1160266.JPG
湘南〜三浦半島エリア 愛犬の散歩にオススメしたい公園7選

愛犬(トイプードルのビッケ)の里親になって半年が経ちました。毎

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑