*

MacBook Pro Retina 15インチをトリプルディスプレイにしてみたらやたら快適になった話

公開日: Mac ,

Img3
同居している相方から使わなくなったモニター使って良いよと言われて、よくよく見てみたらディスプレイが90°回転するタイプのモノだった事に半年も経ってから気付いて本日トリプルディスプレイにしてみました。

元々MacBook Pro Retina 15インチをデュアルディスプレイで使っていたので、トリプルディスプレイは必要無いと思ってはいたものの、90°回転するディスプレイが使えるなら話は別!

早速手持ちのMacBook Pro Retina 15インチをチェックしてみたところ、Thunderboltのポートが2つ!!

Img9 4
これは面倒な設定も無く2つのディスプレイをMacBook Proの2つのThunderboltのポートに挿すだけでは・・と思い早速実行。

結果は、あっさりトリプルディスプレイとして使えました。
こんなに簡単に出来るならもっと速くやってれば良かった・・。

やった事と言えば、2つのディスプレイをThunderboltに挿しただけで簡単に使えるようになったのですが、縦長ディスプレイに関しては2つだけ設定しました。



縦長ディスプレイの設定


縦長ディスプレイを90°に設定


縦長ディスプレイを繋いだだけの状態だとこの様に横向きのままなので。

Img10
ディスプレイの設定画面で縦長ディスプレイを90°に設定すれば縦長サイズで普通に表示されました。

2014 02 12 18 06 56 3

配置の設定


「システム環境設定」の「ディスプレイ」の中の「配置」を選択して、2つのディスプレイを配置すれば完了。

2014 02 11 18 04 30
これだけの設定でトリプルディスプレイが完成!

Img1
ディスプレイが3つになったので、作業が快適すぎてヤバいです。

Img4
特に縦長のディスプレイは、記事の多い縦長のWebサイトの閲覧やコーディングが非常に楽。
ソースを一度に沢山表示出来るところが特に良いです。
ブログのカスタマイズも捗りそう。

Img9

必要なモノ


ディスプレイは90°回転するタイプが良いと今回思いましたが、お好みで。
その他に必要なモノは、ディスプレイにもよりますが、DVI端子をThunderbolt(Mini DisplayPort)に変換するアダプタが必要になると思います。
アップルの純正品より半額以下で変える下記の様な商品もあるので探してみてください。


おわりに


MacBook Pro Retina 15インチ(Late2013)にはThunderboltのポートが2つあるため、かなり簡単にトリプルディスプレイにする事が出来ました。

縦長ディスプレイを試用したのは今回が初めてなのですが、Web制作やブログのコーディングなどには最適だと改めて実感しています。ホント調子良いです。
使っていて気になる操作のもたつきやタイムラグは全く感じません。

ちなみにMacBook Pro Retina 15インチ(Late2013)には、他にも右側にHDMIポートがあるので、3つのディスプレイを接続することも可能みたいです。そうなると全部で4つのディスプレイでの作業も可能って事ですね。

20インチのHDMIポートのあるテレビが部屋の隅に置いてあるんで近々試してみようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

IMG_7890
COOK & DINE HAYAMAで燻製が簡単に作れるスモーカーを購入して自家製ベーコン作ってみた

葉山でわりと近所なのに、初めてCOOK & DINE HAYA

IMG_6981.JPG
iPhone 6 Plus用 olloclip 4-IN-1 フォトレンズを使用開始

iPhone 6 Plus用 olloclipを使い始めてみま

IMG_7251
iPhone 6 PlusでApple wireless keyboardを使い始めたらタイピングが快適に!

今まで4種類くらいの小型のキーボードをiPhone/iPadで使ってき

IMG_4737.JPG
トイプードルのビッケの里親になって7ヶ月が経ちました

2014年のゴールデンウィークにビッケの里親になったので、一緒

P1160266.JPG
湘南〜三浦半島エリア 愛犬の散歩にオススメしたい公園7選

愛犬(トイプードルのビッケ)の里親になって半年が経ちました。毎

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑